[通常モード] [URL送信]

REBORN!
空白の愛=>山ヒバ←骸、軽切甘




「なぁ骸ぉ。オレ、ヒバリの事、なんも知らねぇんだ…」


場所は黒曜ランド。山本と骸はその一室でお茶を飲んでいた。

「…クフフ、今度は何があったのですか?」

骸がふぅ、と溜め息を吐いたのを無視して山本は話し始める。

「だってな!?オレ、あいつの年も親も寝顔も知らないんだぜ!?」

「いやいや!それはきっとみんな知りませんよ!?」

骸がなんとかなだめるが、山本は一向に止めない。

「この前のデートだって…あれ?デートって言って良いのか?って位のあつかいなんだぜ!?酷いと思わねぇ?」

山本はテーブルをバン!バン!と叩く。

「ちょ、落ち着いて下さいっ!…それを本人に伝えたらどうですか?」

「…おぉ!それ良いかも!サンキュー、骸☆」

山本はさっさとお茶を飲み干し、部屋から出ていった。



「…君って人は…、まったく…ふぅ。僕も…そんな君の横を歩いてみたい…なんて、無理、ですかね。山本は雲雀一筋ですし…」



骸は1人目をつむり、またお茶を口にする。





END







《空白の愛》と書いて《ブランクのあい》と読みます←どっちでもいいーww
ちょっと嫉妬気味のナッポーがやっぱりカワユス(*^_^*)



ありがとうございました!!




[次へ#]

第3回BLove小説漫画コンテスト開催中
[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!