変態教師(エロ小説/官能小説)
イク寸前


そして、恋をして結婚をすると思う。

その時、優香の夫となる男性は、優香にこんな過去があると知ったら、どう思うだろう?

私は、優香にこんな事をしてしまって良かったのだろうか?

そんな事を思っていると、もう限界が来た。

私は、優香にイクと告げて射精した。

我ながら、たっぷりと出してしまった。

そして優香は、すぐにその精液を飲み込まず、口の中に溜めている。

私の許可があるまで勝手に飲み込まないように、いつもしつけているので、私からの許可を待つ優香。

本当に良い奴隷だと思う。

でも、私は許可を与えず、服装を整えさせた。

私が合図を送るまで飲み込まないようにと指示をする。

今は昼休みなので、食事も摂れないし、会話することも出来ないと思う。

優香は、困惑した顔をしながらも、上気した牝の顔も見せている。

そして、教室に戻る優香。

私も、少ししてから教室に行く。

そして、掲示板のプリントを貼替えたり、昼休みに教室にいても不自然ではないように振る舞う。

優香は、昼ご飯をあきらめ、読書をしている。

集中して読んでいる空気を出し、話しかけれらないようにしている感じだ。

それでも、たまに友人に声をかけられて、うなずいたり、首を振ったりしてごまかしている。

もう、必死という感じだ。

口の中を精液で満たしたまま、友人と一方通行の会話をする優香。

私には、優香の興奮が手に取るようにわかる。

優香は、自分の腕をギュッと握っている。

もう、イク寸前という感じだ。

[*前へ][次へ#]
[戻る]