変態教師(エロ小説/官能小説)
体が震えて


男子生徒の憧れの美少女を、私だけがオモチャに出来る現実。

自然と頬が緩んでしまう。

優香は、周りに気がつかれないように、必死で声をこらえていると思う。

そして、優香は今イク寸前になっているのが、私にはわかる。

そこで私は、スイッチを止めた。

すると、優香が私を見つめた。

その目は、スイッチを止めた安堵ではなく、批難の色が浮かんでいる。

どうして止めたの? そんな顔で私を見る優香。

私は、その視線に気がつかないように、他の生徒に私語を止めるように注意をする。

そのまま5分くらい焦らして、予告もなくスイッチを入れた。

『ンふっ!』

優香は、思わず声を漏らしてしまう。

「岡部さん、どうしました?」

私は、優香に声をかけた。

優香は、体が震えているような感じだ。

他の生徒の視線が、優香に集まるのがわかる。

『すみません。むせちゃいました』

周りの生徒や、元気の良い男子生徒が優香をからかう。

優香は、顔を赤くして言い返したりしている。

[*前へ][次へ#]
[戻る]