安室に愛される(裏夢小説)
泣いたらアカン


だけど、男の子なら・・・?うん、きっと大丈夫なんじゃないかな・・・?

「あのね・・・そ、その・・・・。男の人ってね・・・・?」

「うん?」

「その・・・・ソウイウコトをする時って・・・・き、気持ちいいの?」


内容が内容だからコソコソと話しをしていたのに、

快斗君と服部君は、そろって飲んでいたペットボトルを噴出した。


「な・・・・・な・・・・んでまた・・・・・?」

ゴホゴホとむせていた2人が、ようやく会話を戻してくれる。

早く教えてくれないと・・・透が戻ってきちゃう!

「お・・・教えて、お願い!男の人って、どうなの?キモチイイの?良くないの?」

「い・・・・いや、その。あーっと・・・・い、いいんじゃないの?」

「お、俺に振んなや!」

いつも雄弁な2人が、随分と歯切れが悪い。

「でも、なんでそんな事?」

「あ・・・・あのね・・・・・。私と透がソウイウコトをしてる時って・・・いっつも・・・私、ばっかり・・・・。」

「・・・・うん・・・・?」

「私ばっかり、その、気持ち良くなってるみたいでね・・・?最後は気を失っちゃって・・・なにもわからなくなっちゃうし・・・

そ・・・の。・・・・変な声とか・・・・私ばっかり、すぐ、出ちゃうし・・・・。」

言っていて、情けなくなってきた。

涙が出そうになってくる。

「だー!!ま、まてまて!!泣いたらアカン!!透に殺される!!!」

「そ、そうだよ由梨花ちゃん!!大丈夫だって!!!」

「でも・・・・」

「由梨花ちゃんは、エッチしてる時に透が気持ち良くないって思ってるわけだ?透は声とかださないから?」

[*前へ][次へ#]
[戻る]