安室さんと変態行為(裏夢小説)
熱くたぎらせ


「次は、胸を持って、カメラを見上げて」


由香里に少し近づき、上から撮りおろす安室。カシャ。


「安室さん・・・恥ずかしいよう・・・」


さすがにたまらず声をあげる由香里。


「大丈夫。その顔がかわいいんだよ。」


胸を中心に何枚か撮ると、次は。


「座って、足を大きく開いて」


催眠にかかったように、ストンと越しおろし、ソロソロと足を開いていく。


「それだけじゃあ見えないよ。由香里のかわいいマンコが」


「いやあ、いやらしいこと言わないでぇ」


いつになく、積極的な安室の言葉に、由香里は子宮の奥がうずくのを感じた。


まるで、そう言われることを期待していたかのように・・・。


さらにソロソロと足を動かし膝を立て、M字開脚の状態になる。


カシャ。カシャ。とシャッター音が続く。


『ああ、安室さんが、あたしのマンコを見てる〜。撮ってるよぅ』


由香里は、この倒錯した作業に、快感を覚え始めていた。


「おやおや?由香里の下のお口は、触ってもいないのに、ヨダレをたらしているよ」


「ああん、そんなっ!」


確かに、由香里の秘部は、潤みを増してきている。見られることで感じているのだ。


「そんなことない?確かめてあげるから、自分でビラビラを広げてごらん」


「いやっ!恥ずかしい・・・。見ないでぇ・・・。」


言葉とは裏腹に、両手で大きくアソコを広げる由香里。


カシャ。撮り続ける安室。


その安室も、自分自身を熱くたぎらせはじめていた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]