安室さんと変態行為(裏夢小説)
衝撃の事実を告げる


激しく愛し合ったベッドの上、裸のまま安室は由香里を後ろから抱きしめながら寝転がっていた。


由香里はこの体勢がとても好きだった。


愛おしい相手の体温を全身に受け、温かい満たされた気分に思う存分浸れるからだ。


しかし、今日はそんな、由香里に、安室が突然、衝撃の事実を告げた。



「由香里」


「なあに?」


背を向けたまま、由香里は答える。


「俺、潜入捜査で海外に行くことになった」


由香里は、ガバッと体を起こし、安室に正対して問う。


「ほ・・・んとに?」


「ああ」


と短く答え、視線を伏せる安室。


「どう・・・する・・・の?わたしたち・・・。」


震える声で、聞きたくない事実を確認する由香里。


安室は、困ったような笑みをみせながら言う。


「一緒について来い・・・とは言えないよなぁ・・・。でも、つき合いは続けたいって、わがままかな?」


「ううん。わがままなんかじゃない!私だって別れたくないもんっ!ずっとつき合ってく!」


由香里は安室にしがみつく。


そんな由香里の頭をなでながら、安室はさらに続ける。


「そっか。よかった。それは嬉しいな」


どちらかと言えば楽観的な安室だが、由香里はそれでも不安を崩せない。


「ホントに、ずっと好きでいてくれる?離れたら、他の人のこと好きになっちゃわない?」


「ならないよ。由香里こそ、大丈夫か?」


「大丈夫だよ!私は安室さんが一番だもん」


「俺だって、由香里が一番だよ」


そういって安室は、しがみついてくる由香里を優しく抱きしめた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]