銀魂裏恋(裏夢小説)
土方:切→甘。5


ザー……雨は、強まることも弱まることもしないで
ただ、降り続けていた。





あたしは、いつも十四郎と二人で腰かけるベンチに座った。




「…寒………」




濡れた服は、寒さからあたしを一切守ってくれなくて。
直に、秋雨の冷たさが肌に伝わる。





………心まで、その冷たさは染みてくるみたいだ。




切ない、よ。



「……とう……しろう……」




『……んだよ、美穂』





いつもなら
ここに座って名前を呼べばすぐに返事が帰ってくるのに。





今は、ただ雨が降る音ばかりしか聞こえない。




「…十四郎に…会いたいよ………」



ツン、と鼻の奥が切なくなって
視界が、ぼやけた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]