銀魂裏恋(裏夢小説)
沖田:激裏、目隠し。4


「……可愛いんでさァ……そんなに顔真っ赤にして……」

チュッ…
額に、総悟の唇の感触が落ちてきた。







「…指の次は、こっちお願いしますゼ……」


次に、唇が触れたのが何なのかは容易くわかった。








あたしは、ためらわずに差し出されたソレを口に含む。


口の中のソレはもう固く、熱くなっている………

ペチャペチャ…
「ん…上手…くなりやしたね………」


チロチロと舌先でくすぐると口の中で次第に大きくなって、総悟の息が乱れていく。

感じてくれてるのがうれしくて、あたしは舌使いを早める。



総悟が漏らす吐息が、色っぽい………
どんな顔、してるんだろう……

[*前へ][次へ#]
[戻る]