銀魂裏恋(裏夢小説)
沖田:激裏、目隠し。3


くちゅ…くちゅ…




妖しい水音。
あたしの中に入れられた指の、卑猥な動き。

やけに、強く感じられるのは…
目隠しで、視界を奪われているから?


「ん…ひぅ…ぁあっ…」
「…いい声、出てますぜ?美穂…」


総悟、今どんな顔してるんだろう?





きっと、いつものようにニヤリと笑ってるに違いない。



チュプン……
「あ……?」


総悟が、あたしの中から指を抜けた。
熱くなり始めた、あたしのソコは名残惜しそうにヒクヒクと痙攣した。




ピトッ…
唇に、濡れた感触。
「…舐めなせェ」


あたしは、言われたままに押し当てられたそれに舌を絡めた。



どうやら、さっきまであたしの中に突っ込まれていた指だったらしい。


微かに、酸っぱい味が口の中に広がっていく。
「……旨いですかィ?自分の、愛液は」
「………!!」
知ってはいたけれど。
わざわざ聞かれると…やっぱり恥ずかしいし



余計、興奮してしまった………。

[*前へ][次へ#]
[戻る]