銀魂裏恋(裏夢小説)
土方:激裏注意。8


「……さァて、そろそろ終わりにしねぇとな……」

素早く、土方さんがあたしのパンティを脱がせた。

「……!!土方さんそれだけはッ……!!!」

次にされることが、なんなのかなんて……簡単に予想が出来る。


入り口に土方さんの堅くなった自身が……押し当てられた。


「…力抜けよッ……」

「…駄ッ……!!駄目ぇぇ!!!」


ツプン!!


「イヤァァァッ!!」


あたしの悲鳴を無視して……

土方さんは腰を激しくあたしに打ち付けた……

[*前へ][次へ#]
[戻る]

[小説ナビ|小説大賞]