快斗とえっちい新一(裏夢小説)
一日中抱いていたい


『あっあぁんっ…感じるぅそこ…気持ちいぃよぉ』
『とんだ淫乱女だなぁ…ほら…いやらしい液が溢れてきてるぞ?』



「………は?」

「わおっ!AVチャンネルだったんだぁ」
わざと驚く快斗。当然新一は快斗が知っていたことを見抜く

「…こんなんで俺が驚くと思ったのか?この年で、んな驚くかよ。ガキじゃあるまいし」

「驚かせようなんて最初っから思ってないよ。いつも俺らがやってることと変わりないんだから、ね?」

顔が一気に赤くなる新一

「っっ!!!バーロッ!!んなこと言うんじゃねぇ!!」

部屋にはテレビから流れる声が響き渡り、それがより新一の顔を赤くさせる

「だってホントのことだし」

快斗があっけらかんとした表情で言う。

「!!こんなチャンネル見るからそんな変な話になるんだ!変えるからなっ!!」

早くこんな危険な雰囲気から開放されたい新一は、快斗の近くに移動されていたリモコンを取ろうと手を伸ばした

━グイッ━

伸ばした手を快斗が掴みベットへ新一を引っ張り込むと、新一はバタッと大きな音を立てて倒れる

「ばっ!!?止めろっ!」

「だって最近誘っても全然新一相手してくれないだろ?」

「それは忙しかったからだっ!それに前の方がヤリすぎだったんだろーがっ!」

「あんなの俺にとったら全然足りないんだよ…
俺は一日中新一を抱いていたいんだから。だから今日は俺に付き合ってよ」

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!