快斗とえっちい新一(裏夢小説)
少し照れながら


「んん……」


カーテンからの朝日が眩しい
目がチカチカしながらも目を明けると、いつのまにか付けていたテレビが消え、自分がベットに横たわっていることに気付く


「んぁ」

起きようと体を動かすと思うように体が動かない

背中に壁のようなものが引っ付いているのも感じる



その原因は…考えなくても分かる


くるりと寝返ると暖かな胸…

顔を胸に当てながら上をみると愛しい人の微笑む顔


「おはよ」

少し照れながらも朝のあいさつをする


「おはよ、新一」

チュッと新一の額に唇をあてる




前にこんなに優しくされたのはいつだっただろう



俺が快斗を避けていたから……


でも今隣にいる





「ゴメン…快斗」

思わずその言葉を口にしてた


「えっ!?なに?」

快斗は度肝抜かれたようにビックリしている。


プライドの高い新一が謝るなんて…想像も出来なかった

「……いゃ。俺、自分勝手だったから。新一の事全然考えてなくて。避けたりして」

[*前へ][次へ#]
[戻る]