快斗とえっちい新一(裏夢小説)
顔を赤くしながらも


「マジ?うわっ、めっちゃうれしい」

予想と反した言葉が返ってきて、新一は唖然とした。

「それって新一が俺にはまってるって事だろ?」

なんだかイヤな言い方だが、そういうことになる

「う」
「俺、実は新一は新しい彼氏ができたんじゃないかと思ってたんだよ。」

「そっ…んなわけないだろ!俺には…快斗しかいないよ」


顔を赤くしながらもずっと言いたかった事を言った。
俺には快斗…それしかいらない

「俺も新一だけいればいいよ」

顔を近付け、優しく微笑む
その顔は今までみてきた中で一番キレイだった

[*前へ][次へ#]
[戻る]