エッチな快斗(裏夢小説)
ほら舌も使って


ズボンの中に手を入れる…快斗のモノに触れた。


「っっ!」


初めての感触で思わず固まる由香


「もしかして、初めて?それじゃちゃんと教えてあげなきゃね。」


快斗はにこやかに笑うと優しく由香の手を持ち自分のモノを握らせた。


「ほら、ちゃんと持って」


快斗は赤面している由香の顎をひょいと指で上げる


「さぁ、口開けて」


戸惑っている由香の口に指を無理矢理ねじこむ


「うっっ!?むぐ…っ」


口に入ってきた指のせいで息がしずらい……


快斗はモノを口に近づける


「うっ…んぐ……」


「口に入れるだけじゃダメだからね?舌も使って」


よくわからないまま快斗の言う通り舌で舐めたり絡めたりする由香


ぴちゃぴちゃいやらしい音が体に響いて心地良い


快斗は由香のシャツのボタンを一つずつ外していく


肌があらわになりブラも外される。


「やぁっ…」


「由香今更恥ずかしがってるの?それよりほら、口の動きが止まってるよ」


命じられるまま由香は快斗のモノをくわえ舌を絡ませる

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!