エッチな快斗(裏夢小説)
手錠をかける


ガチャ……


快斗は##nae1##に手錠をかけると、仰向けに由香を寝かせる


「うっ…くっ……」


ガチャガチャ……


手錠を必死で外そうとする由香。


「さぁ、まずは身体検査しようか」


するりと快斗が由香のシャツに手をかける。


ビクッ…


敏感に反応してしまう由香


「まだ脱がしたりしないよ。時間かけてゆっくり楽しむんだから」


そう言うと快斗は由香の体全体を検査していく。


快斗は由香の股近くに手を置く


「ここには何も隠してないよね?」


「………っ。」


必死で抵抗しようと足を閉じる由香。


「ふん…由香抵抗する気なんだ?でもね、そんなのは無駄だよ。」


快斗はすごい力で両足を引き離され大股開きにし、スカートをまくり下着の中に手を入れる。


ビクビクビクッ……!!



体が一瞬で硬直する由香


「んぁっ…!!」

「やっぱ何か隠してるんだ?だからそんな声出すんでしょ?じゃぁ、もっと調べてみようか?」

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!