エッチな快斗(裏夢小説)
秘部へ指を


指で突起を掴みコロコロ転がしたり、抓ったり……


「ぁあっ…か…いと」


由香は快斗の後頭部に腕を伸ばしギュッと抱きしめる


「……っはぁ…はぁ」


荒い息が快斗の頬に当たる


「…これじゃぁ俺動けないよ?後でたくさん抱きしめるから。ね?」


コクンと由香が頷くと、快斗は由香の腕を引き離し下半身へ移動する


ゆっくり足を開くと十分に潤った由香の秘部へ指を入れる


「ふぁっ!!?んん…っ」


締め付けられて中々奥まで入っていかない指をちょっとずつ押し込め内側を擦る…。


最初に指を入れられた時は痛みしかなかったのに、今は快感だけが由香を支配している。


「あっっ……んぁ!」


「もっと…もっと感じて…」


指が増やされ、動きも段々激しくなっていく


「やぁぁっ……いっ!あぁぁ……っ」


ビクビクッと痙攣をおこす由香


それでも快斗は指使いを荒くする


「かっ…ぃ…とぉ…っ!」


「由香、もっと俺の名前呼んで…。」

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!