エッチな快斗(裏夢小説)
唇を重ね合わせて


ベットに座ったまま快斗を見つめながらそう言う由香。


「由香……今なんて言ったの?」


明らかに困惑した声で聞いてくる。


「私…、きっと快斗に躾られて快斗しか見れなくなっちゃったんだ…。」


そう……、快斗だけ。


「…嘘じゃないだろうね?また俺から逃げようとしてるんじゃないの?」


「嘘なんて言わない。私は快斗のモノ。快斗は私のモノ。逃げたりしない」


ベットから降り快斗の元へ近づき、頬に触れる。


「ほら、触れただけでこんなに感じる……。私達はお互いにとって必要不可欠なんだよ…」


優しく快斗に口づけする由香。


二人は唇を重ね合わせていた。


そのキスも段々激しくなる


「んっ……ん…ぅうん」


舌が絡み合い息が荒くなる由香。


「……っはぁ…はぁ」


耐え切れず唇を離す由香


快斗はゆっくりと唇を首筋に這わせる


ぴちゃ…ちゅぅっ


わざといやらしい音をたて由香を快楽へと誘う。


ビクッ


「んっっ……あっ…。」


ねっとりと首筋を舐められ跳ね上がる由香。


舌を段々下へ這わせていく。


「んっ…んぁっ!!」


由香は胸の突起物を舌であそばれ、反り返る


「ほら…もっと感じて…由香」

[*前へ][次へ#]
[戻る]