女装して満員電車|BL小説|エロ小説|裏夢小説|官能小説
思い切り強く吸って


「はぁん…あっ」


「オジサンに良太クンの甘いミルク飲ませてね」


ジュルルルル
ジュプジュプ
グチュン
ジュルルルルルルル


「いやぁんっはん!あぁん、あン。気持ちイイ!!!!!!!」


オジサンは始めから思い切り強く吸って擦って、先端を舌でねじり込めて僕はすぐイッちゃいそう。


「あんっイ、イク!!イッちゃう!!!イッちゃうよぉ!!!」


チュゥゥウウウウ…


「あっ!出すよ!オジサン、僕のエッチなミルクたっぷり飲んでね!!!あぁぁあああああ!!!!!」



ビュルドプンドプン


…ゴクン


「はぁ、…オジサン、僕のミルク美味しかった???」


「うん、凄く甘くて美味しかったよ。じゃ、今度は良太クンのアナルをほぐそうか」

[*前へ][次へ#]
[戻る]