[携帯モード] [URL送信]

☆銀魂の小説(真選組/長編)
1―始まりの歌
近藤「えー、今日から配属になった帝畿 仁和だ」




『帝畿 仁和です、よろしくお願いいたします』




ざわざわ
「おっ女?」「…だよな?」「ウチって女人禁制なんだよな…?」





土方「えー 静粛に、
仁和は女性だが この真選組に配属される事となった」

「尚、第十一番隊を新設し此の隊長とする」

「十一番隊の隊長以外の隊員は
現段階で配属未定である」






ざわざわ
「十一番隊!?」
「帝畿…隊長しか配属されて無いって事か?」
「齊藤隊長みたいだな…」
「真選組に女性…」










―数日前―




土方「あ?女隊士?」


近藤「ああ…松平のとっつぁんからの通達でな…」


沖田「女中ではないんですかィ?」


近藤「そこそこ腕に覚えのある使い手らしい。
本人は女中でも良いと言ってるけど、能力的には優れているみたいだし
一応お試しで入隊させてみるのも良いかなぁと思ってな
本人が女中のほうが良いなら異動させてもいいし」



土方「住むところはどうするんだ…こんな男所帯じゃ色々問題じゃねぇのか?」



近藤「うーん 本人は大丈夫だと言ってるし…ちゃんと一部屋あるし大丈夫だと思うけど」



沖田「まぁやっていけそうならやっていくでしょう、ガキじゃあるめぇし」



土方「ったく…なんだって突然」



近藤「まぁまぁ、上からのハナシなんだよ…
様子見で良いみたいな事言ってたし
見廻り組にも女の子いるじゃん!副長の信女ちゃん」



土方「あれは本当に特殊技能持ちじゃねぇか…」



沖田「近藤さんはその新人と顔を合わせたことはあるんですかィ?」



近藤「挨拶はしたよ、お妙さんには負けるが可愛い女の子だった」






―(回想終り)―







土方(ったく…)
結局 名前だけのお飾り隊長にしちまいやがった

近藤さんは甘ぇな…

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!