思いっきり乱れてごらん|エロ小説|裏夢小説|官能小説
抱きしめられる



部屋に入った玄関先で理恵は抱きしめられる。


「あっっ」


大野は蚊の鳴くような声を発した可憐な朱唇をすかさず塞ぐ。


大野が舌を差し入れると弱々しく吸ってくる。



理恵の唇に舌先を這わせると、あん、ふうんと鼻息がもれる。


ブラウスをたくしあげて、乳房をブラの上から円を描くようにして捏ねる。


弾力ある揉み心地は気持ちがよい。


ディープなキスを交わしながら、手を理恵のスカートの中へと忍び込ませる。


敏感なクロッチ部分を中指の腹で前後にぐいぐいと往復。


パンストとパンティを通しても、そこの熱っぽさと湿り具合ははっきりと感知できた。


「もう濡れてるんじゃないの? ん?」


耳たぶを甘噛みしながらつぶやく。


「わかんない…」


理恵はすっかり興奮し、ハアハアとますます息を荒ぶらせる。


大野は一旦理恵から離れて、部屋の窓際に移動した。


「ちょっとこっちへ来てごらん」


理恵はキョトンとした顔つきで近づく。


「ほうら、あちこちのホテルが見えるよ。みんなHしまくってるんだね」


「本当だあ、なんだか恥ずかしくなっちゃう」


窓の外に気を取られている理恵のバストを後ろからつかみとる。


「あっ、いやだぁ……」


「いやらしい理恵の姿をみんなに見てもらおうね」


ブラウスもブラジャーもアゴの下までたぐり上げておいて、ピンク色に輝くほどよい大きさの乳首をくりくりと指弄してやる。


「やんっ、恥ずかしい……見られちゃよ、誰かに見られちゃう……」


「あそこのビルから人がこっちを見ているよ」


理恵はコンタクトレンズを外していて、ぼんやりとしかそれが見えない。


「いやだ、恥ずかしい。恥ずかしいよお」


「理恵のおっぱいを見てオナニーを始めたよ。ほうら、もっと見せてあげるんだ」


「そ、そんな……やだあ」


大野は乳房を片手で揉みあげながら、スカートを脱がせにかかる。


「大きくて太いおちんちんをせっせとしごいているよ、理恵のいやらしいコリコリした乳首を見て……。ほら、もっと見せてあげなよ」


再び理恵の股間に手を当てて、下着の上からアソコをなでさすってやると、ビクンと全身を震わせる。


「ああっ…」


大野は、パンストとショーツをぐいっとずり下げる。


お尻の方から手を忍び込ませていくと、すぐにぬかるみに当たった。


指を割れ目に沿って動かしてやるとクチュクチュと音が鳴った。


「もうぐちょぐちょに濡れてるよ、理恵のいやらしいところ」


「ああ、恥ずかしい……」


大野の指が狭隘な肉洞に入り込み、Gスポットを探り当てた。


刺激すると理恵の声のボリュームがひときわ大きくなる。


「ここ、いいの?」


「う、うん……感じる……」


「ここは?」


「あんんんっ」


最深部に指先を進めていくと、コリコリしたところに出くわした。


「このコリコリしたところ、感じる?」


コクコクッと頷きを繰り返す理恵。


「ああっ、ああーっ」


子宮口をさらに責め立てていると、胸を反らすようにして声をあげた。

[次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!