ハードな痴漢|エロ小説|裏夢小説|官能小説
何度も指で



ワレメが何度も指でなぞられる。


「あっ…あっ…はぁはぁ…」


ぬるぬるしてるのがわかって、ユミは恥ずかしくなった。


イケメンはにやっと笑いながら、ユミのおまんこに指を挿入する。


「ああっ…いやっ…」


長い指がユミのおまんこの奥まで入り込んで、ぐるぐると回り始めた。


「ちょっ…や…め…て…んっ…」


どうしよう。


痴漢の指テクでイかされてしまいそう。


体から力が抜けて、一人で立っていられない。


ユミはイケメンにもたれかかりながら、快感をこらえた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]