[携帯モード] [URL送信]
古典の時間柳/過去拍手



「春はあけぼの、」



古典。好き。

古典の授業。嫌い。

古典は好きなのに、古典の授業は嫌い。


理由はただ、一つ、



「ようよう白くなりゆく、」


(……ねむ…)



古典の先生の声が子守唄にしか聞こえない。

この先生、声が綺麗だから、教科書読んだら読み聞かせになっちゃうんだよね。



「みょうじまた寝そうだぞ」



小声で隣の柳が私を突く。またで悪いけど、寝そうだよ。



「これで今週3回目、」


『データ取る前に眠らないように目を醒まさせてよ』


「無理に等しい。」



ああ、そうですか。

あの柳に“無理”と言われた女子は私が初めてじゃないかな。…きっと初めてだ。



『じゃあ、私寝る...』


「眠るな」


『なら、目を醒まさせて』


「それは無理だ」


『…おやすみ、』




こんなくだらない言い合いが、古典の授業中は続く。


でも、結局私は寝ちゃって、

綺麗な声の先生に起こされて、

“また、寝てたわね”と先生とクラスメートに笑われて。



ああ、だから古典の授業は嫌いなんだ。

古典は好きなのに。




古典の時間-柳-




(君が寝たら、俺は喋る相手がいない。
寂しい。寂しいから、
寝ないで、)






[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!