[携帯モード] [URL送信]

短編集・読み切り



 しかしそうこうしている間に冷たい液体

が尻に垂らされた。

 驚いて下半身が震えると、グチュグチュ

と音をたてて指先が動き始める。

 それが何なのか思い当たった瞬間、背中

にヒヤリとしたものが流れた。

 自分がこれから何をされるのか、解らな

いまでもただならぬことであることは窺い

知れる。

 “男に犯された”という言葉はただ脅す

ためのハッタリではなく、それこそが目的

なのだとじわじわ理解する。

 説得して解放させることが途端に困難な

気がしてきて気持ちが折れそうになる。


「っ、ぁッ…指を、抜きなさいっ…」

「なに?

 もう気持ち良くなってきちゃった?」


 からかう声に首を横に振り、これ以上は

許すまいと指先を締め付けようとしたが液

体のぬめりをまとう指先はやすやすとそれ

をかいくぐって根元まで入り込んでくる。

 指の与える逃れようのない圧迫感と内臓

を掻き回されるような感覚に軽く吐き気を

覚えながら、濡れた音をたてて指を抜き差

しされるのをなす術もなく受け入れるしか

ない。

 まるで男女の間で成立する行為を再現す

るような生々しさに戸惑うと同時に、まだ

頭のどこかで冗談だろうと思いたい自分も

いた。

 こんなのはおかしい。

 こんなことをされる様な恨みは買った覚

えがない。

 本当の目的さえ分かれば、それに対する

打開策も打てるはずだ。


「何の為にこんなことを…?!」

「うーん…何の為だろうね?」


 何者かはとぼけた声を出してゆっくりと

埋めていた指先を抜きかけ、再び押入れな

がらさらに一本指を増やしてきた。

 小さな穴を確実に押し広げようとする有

無を言わさぬ指の圧迫感にザワザワと背中

を撫でられながら、それでもぬめりを借り

る指先を自力で押し出すことは叶わない。

 生理的な吐き気と混乱に思考をかき乱さ

れながら、体の奥までいいように何者かに

指先で蹂躙されていた。


「でもセンセのそういう顔ってソソるね。

 いつも澄ました顔してるけど、そういう

 人間らしい顔もするんだ」


 下品な笑い声だと思う。

 拘束して自由を奪っておいて他人の体を

好き勝手しながら言う事がそれなのか。

 そもそも澄ましていると言うがそんなつ

もりなど毛頭ない。

 自分にできることを精一杯やっているだ

けだし、新米医師として頼りないと思われ

ないように気を遣っているだけだ。


「もう、充分でしょう。

 指を、抜きなさいっ」

「センセが力を抜いたらね」


 語気を強めたつもりなのに何者かはそれ

すら鼻で笑って、指を押しいれながらさら

に一本指を増やそうとする。


「あッ、む、無理だ、そんなっ…!」

「無理じゃないって。ホラ、力抜きなよ。

 最初だし優しくしてあげてんじゃん?」


 喉の奥が攣るような圧迫感に眉を寄せて

いるというのにそんな苦痛はこちらの勝手

とばかりに乱暴な手つきで指を捻じ込んで

こようとする。

 それでも無理だと首を横に振ると、おも

むろに伸びてきた掌が性器を掴んだ。

 ビクッと否応なしに下半身が震えること

など気にもせずにそのまま上下に扱き始め

る。

 今まで誰にも暴かれたことがない場所へ

の圧迫感と吐き気を催すほどの屈辱感、そ

れに性器への無骨な刺激が加わって冷静な

思考を巡らせる余裕などあっさりと霧散し

た。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!