[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 暗闇になって目を閉じると、麗の吐息が

聞こえてきた。


「ねぇ、お兄ちゃん」

「うん?」


 珍しく言い辛そうな間をあけてから麗が

質問してきた。


「お兄ちゃんはキス、したことある?」

「キスって…いつもしてるじゃないか」

「そうじゃなくて。

 そういうんじゃなくて…もっとちゃんと

 したの」

「ちゃんと?」

「口と口でするキス」


 やっぱりそうきたか…。 


 まぁ、わざわざキスって言われた時点で

うすうす気づいていたけれども。


「うん?

 好きな人でもできたのか?」

「うん。大好き」


 おや?

 いつまでも俺にべったりだと思っていた

けど、実はそうでもなかったのかな?


 この相談がしたくて一緒に寝たいって言

ってきたんだとしたら、嬉しいような寂し

いような…勝手なようだけれどもそんな気

分だ。


 そうか。麗に好きな人かぁ…。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!