[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 悪魔は俺が思っていたよりずっと狡猾だ

ったらしい。

 1時限目の休み時間、殺傷力の高い武器

をもって教室にわざわざやってきた。

 …そう、「お弁当」だ。


 しまった…。

 母さんが起きる前に出てきたから受け取

り損ねた…。


 今更そう思ったところで後の祭り。

 ただでさえ目立つ容姿の兄貴が、弁当を

片手に黄色い声を上げていたクラスの女子

生徒に俺を呼ぶように頼んでいる。

 
 兄貴はこの学校じゃ有名人だ。

 入学式をしたばかりの1年生にとって、

入学式で生徒会長として在校生代表のスピ

ーチをした兄貴の姿はまだ記憶に新しいだ

ろう。

 その兄貴が、俺を弟だと言って呼んでい

る。


 インパクトとしては十分だ。

 なにせ同じ血が体に流れているのかと思

うほど似ていない。

 「桐生君ってあの生徒会長の弟だったん

だ!?」ヒソヒソ囁いているつもりだろう

けど、みんな露骨に声が大きい…。


 ただでさえ出て行きにくい空気である上

に、今朝あからさまに避けた一件が兄貴の

頭の中にはあるだろう。

 兄貴は怒らせるとねちっこいんだ、昔か

ら。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!