[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 ガチャ


「聞き捨てなりませんね。

 そんな大事な話を、どうして僕抜きで話

 すんですか」


 リビングに入ってきたのは兄貴。

 言葉だけはいつも通りだが、その声色に

は静かな怒りが滲んでいて、眼鏡のブリッ

ジを指で押し上げたその眼光は鋭い。


「秀っ!麗もっ!

 部屋にいなさいって言ったでしょう!」

 
 叱りつける母さんの声も鋭いが、その声

にはどこか焦りが見て取れた。

 兄貴の後からリビングに入ってきた麗は

俺に駆け寄ってくると隣にドサッと腰を下

ろして俺の腕にしがみついてきて母さんを

睨み返した。


「やだっ!

 ぼくお兄ちゃんと離れるのなんて絶対に

 ヤダ!!」


 甘え上手でいつもニコニコしている麗が

母さんにこんな顔をするのを見たのは初め

てだ。

 いつもの甘えた声でも、まして癇癪でも

ない。

 その目にはゆるぎない強さが宿ってい

る。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!