[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*





 唇に噛みつくような痛みが走って再び意

識が浮上した。

 危険を察知した体が一気に意識を呼び戻

し、瞼を開くと闇の中、月明かりに照らさ

れた銀髪が見えた。


 兄…貴…?


 いきなり意識が浮上しても、寝起き直後

の思考はやはり鈍い。

 パジャマの襟元をずらされたと思った

ら、今度は首筋に痛みが走った。

 “兄貴に噛みつかれた”そう気づいたの

は間もなくだった。

 たまらず布団の中から手を出してその胸

を押し戻そうとするが、掌に力を込めるだ

け兄貴の顎にも力が入って余計に痛い思い

をしただけだった。


「ッぅ…!」


 俺の覚醒を知ってもなお、思い知らせる

ように暫く噛みついたまま兄貴は動かなか

った。

 さすがに肌が裂けて血が滲んでいるんじ

ゃないかと思う頃になってようやく兄貴は

顔を上げた。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!