[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


「おはよぉ、お兄ちゃん…」


 麗は寝起きの声で微笑んで、唇に触れて

きた。


「おはよ」


 避ける必要ももう感じなくて、そのキス

を受け入れて麗の髪を指先で梳いた。


「今ね、お兄ちゃんの夢みてた。

 もう少し見てたかったけど…、やっぱり

 現実のお兄ちゃんもいいね」


 えへへ、と無邪気に笑う。

 その顔はよく知っているはずなのに、弟

として無邪気なだけに映っていた時間には

もう戻らない。


「せっかくのGWなのに、なんにも出来て

 ないな…」


 旅行に行かない麗をどこかに遊びに連れ

て行ってやろうと思っていたのに、結局ど

こにも連れて行ってやれていない。

 こんな体じゃ、きっと明日一日遊び回る

のも難しいだろう。


「なんにも?大収穫だよ、ぼくは。

 お兄ちゃんにちゃんと触れられて、

 ぼくは今すっごく幸せ」


 そう言って笑う麗は、やはりもう弟の顔

ではないような気がする。


 どこで狂ったのか…。

 その歯車を戻せるなら、なんでもするの

に…。


 俺がそんなことを思っているとはきっと

露知らず、髪を撫でられながら麗は気持ち

よさそうに目を細めた。





[*前][次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!