[携帯モード] [URL送信]

悪魔も喘ぐ夜
*


 夢を見た。


 夜のような真っ暗な闇の中、裸のまま鎖

のついた首輪をつけられ、その鎖の先は兄

貴が握っている。

 鎖を引かれ、足を組んで座っている兄貴

の上に倒れ込みそうになる。

 しかしその前に肩を掴まれて止められ角

度を変えられて、スローモーションのよう

にゆっくりと近づいてきた兄貴の唇が触

れ…


“ダメだよ、お兄ちゃん。

 そっちじゃない。

 こっちだよ”


 後方から光が降り注いだ。

 あたたかい掌が背中に触れて、後ろから

抱きしめられた。


 この声は…麗…?


 そこまで考えたところで意識が浮上し

て、目が覚めた。

 目覚めると隣で麗が眠っていた。


 あの後、腰を中心に麗にマッサージして

もらって…そのまま気持ちよくなって寝ち

ゃったのか…。


 記憶を辿って納得すると、空気に触れて

いる麗の裸の肩に掛け布団を引き上げた。

 それで起こしてしまったのか、麗の目が

開く。





[次#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!