[通常モード] [URL送信]

短編
−A


「葬式の費用というのは、大体どのくらいかかるものなんでしょうか」

射抜くような瞳でこちらを見る少年は、淡々とそんなことを言った。

「・・・さぁ、でも安くはないだろうな。」
「そうですか。」
「そんなこと聞いて、どうすんだ。」
「この状況でそんなことを聞くんですか?」


兄さんの葬式を、挙げるに決まってるじゃないですか。


目眩のように、視界がぐるぐると回る。
目の前の少年の言葉も、わんわんと反響して聞こえるようだ。
酷く気分が悪くなって、眉間に手を当ててうつむいた。

「ガキに払えるような金額じゃない」
「これでも足りませんか。」

ばさりと、俺の膝の上に放り出された通帳。
痛む頭に顔をしかめながらも、それをめくってみれば、印刷された最終額面はゼロが6つに3の文字。
一瞬驚きで痛みを忘れ顔をあげて少年の顔を見れば、少年は酷く歪んだ笑みを浮かべていた。

「兄さんの借金を返そうと、僕たちで貯めてた貯金です。」

ズキ、とまた頭が強く痛んだ。
吐きそうに気分が悪い。ぐらぐらと目の前が揺れる。

「コツコツ貯めてたんですよ。兄さんを驚かそうと、ずっとみんなで秘密にして。もっと纏まった大きな金額にして、驚かしてやろうと思っていました。」

くっ、と喉の奥で音を鳴らすような、歪んだ笑い声が聞こえた。
俺は、頭の痛みでほとんど彼の言葉を聞いていることができない。
意識を保つので、精一杯で。
けれど、最後のその言葉ははっきりと、頭に響いて。


「・・・これが、僕たちから兄へ、初めてのプレゼントになるはずでした。結局、初めてのプレゼントが葬式になるなんて・・・笑える。」



明日は確実に訪れる、なんてこと。
なんでこんなに愚かに信じてられたんでしょうね。
僕たちは。



自分の手元に視線を移すと、先ほどの廊下に座り込んだ少年と同じように、それはがたがたと震えていて。
両手を握りしめると、どちらも指先がひんやりと冷え切っていた。
いつの間にか、永遠に続くと思っていた絶叫も止まっていて、この場は不自然な静寂に包まれていて。
その中にぽつん、と呟かれた、震えた少年の声を最後に。
俺の意識は、途切れた。


「ねぇ、なんで兄ちゃんは、頭と、体が繋がってない、の?・・・・・それに、おなかから下が、ない・・・・・・よ?どこ、いっちゃったの?」


そうだ。
”アイツ”は、俺の目の前でトラックに轢かれて、バラバラになってしまったんだ。


死んで、しまったんだ。




[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!