[携帯モード] [URL送信]

小説v2
エレーン!!褒めて、褒めて!!



アルミン「エレーン!!見てっ!エレンとミカサと僕の絵だよ!!」


エレン「うまいな!!んっ?俺がこんな女が着る服履いてる様に見えるのは俺だけか?」


アルミン「多分、エレンだけだと思うよっ!」


エレン「そうか?」


ミカサ「エレン…アルミン、何をしているの?」


アルミン「ミカサー!!見て、僕が描いたんだよ!!」


ミカサ「エレン…。」


エレン「ミカサにも見えるか?この絵俺がワンピースをきてるんだよ。」


ミカサ「可愛い!!」


エレン「おい、…ミカサ?」


アルミン「僕、上手に描けたでしょ?」


ミカサ「えぇ……アルミン、次はメイド服でお願いするわ……。」


エレン「ミカサっ!俺は、男だし…って鼻血出てるぞ!?」


ミカサ「大丈夫よ。健康の証拠。」


アルミン「あっ、ジャンだ!ジャーン!!見てこれー!」


エレン「アルミン、やめろーー!」


ミカサ「(エレンが、メイド服……楽しみだわ。) 」















[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!