レズ洗脳Cラスト

 沙羅が流依の唇を奪う、今度は流依の方から沙羅の口の中に舌を差し込み舌を絡めてきた。 
 濃厚な女性同士のキスが数秒間続いた後、唇を離した沙羅が囁き声で流依に問いかける。
あなたが好きなのは、男? 女? あなたはレズビアン?
 洗脳された目で答える流依。
「はふっ、あたしが好きなのは……女、あたしはレズです

 沙羅は、流依にいやらしい指示を与える。
「これからは週にニ回……あたしとのセックスを思い浮かべながらオナニーをしなさい」
「はふ……はい、沙羅とのセックスを思い浮かべながら週にニ回、オナニーをします
「ふふふ……レズ洗脳完了
 沙羅はショートヘアの流依を、ベットへ誘導すると仰向けに横たわらせ、自分も衣服を脱いで全裸になった。

「シャワーは無いから、除菌ティッシュで拭いてあげる」
 沙羅は流依と自分の裸体を、除菌ウェットティッシュで拭き取ると男性が女性に正上位をするような体勢で流依に重なり、見下ろしながら流依に言った。
「流依の方から積極的に抱き締めてキスをして……女性同士の快感をじっくり楽しみましょう、今日は流依がレズに生まれ変わった誕生記念日よ

 流依は沙羅を抱き締めると、二度目の濃厚なキスをした。
「んんんッ……んはぁん」
 沙羅は、流依の裸体を撫で回し、性器を手で愛撫する。
 流依の方も、自然な流れで沙羅の乳房や性器〔マ●コ〕を愛撫する。

 沙羅は流依の片足を持ち上げると、性器同士を密着させて擦り合わせた。
 レズ行為に喘ぐ女性二人。
「あぁぁ……もう、イッちゃいそう! 流依いやらしい……あぁぁぁんッ」
「あふッ……あたしはレズ、あたしはレズ……あぁぁぁッ」
 流依は、沙羅から洗脳をされて……レズに改造された。


〜おわり〜



[前戯へ]

4/4ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!