[携帯モード] [URL送信]

麻雀、役、解説
2ハン役
@ダブルリーチ:第一巡目にリーチをかけることを、ダブルリーチ(ダブリー)と言い、2ハン役である。
ただし、ポン、チー、カンなどがあったら、ダブリーにはならない。あんカンがあってもダブリーは消える。
A三色同順(さんしょくどうじゅん):普通、三色(さんしき)と言えば、この事を言う。ピンズ、ソウズ、マンズ、のメンツが同じ並びをしてた時、この役が付く。ピンズの2・3・4とソウズの2・3・4とマンズの2・3・4の様に同じ並びのメンツの時である。いくら、その牌を持っていても、違う使い方をした場合、役はつかない。
サラシのときは、1ハンである。
B一気通貫(いっきつうかん):一通(いっつう)とよばれる。同じ種類の牌で、1・2・3のメンツと、4・5・6・のメンツ、7・8・9のメンツがある時、この役が付く。違う使い方をしていた場合は、付かない。サラシは1ハンである。
Cチャンタ:1・9・字牌のまくらと、1・9・字牌のコーツ(同じ牌3枚)または、カンツ(同じ牌4枚)あるいは、1・2・3のメンツか7・8・9のメンツだけで、できているもので、字牌を含み、1・2・3のメンツか7・8・9のメンツを含んでいる場合、チャンタと言い面前で2ハン、サラシで1ハンである。字牌がないものは、純チャンと言い1ハンたかい。また、コーツ、カンツだけで出来ているものは、ホンロウトイトイと言い5ハン(現在は4ハンの所が多い)である。この場合、ニコニコになっていてもよい。その場合、5ハンまたは、4ハンであるが、ニコニコに限り、切り上げなしの25符で計算するので、実際には、4ハン50符と同じ点数である。
D三色どうこう(三色同ポン)
ピンズ、ソウズ、マンズで同じ数字のコーツ(カンツが混ざっても良い)がある時。たとえば、ピンズの2が3枚、ソウズの2が3枚、マンズの2が3枚をその形で使っている時。違う使い方をしていた場合は、いくら、その牌があっても、この役は、付かない。
Eトイトイ:すべて、コーツか、カンツで出来た手の時トイトイと言う。ただし、四あんこう(すーあんこう)はトイトイではない。四あんこうについては、役満のところで、説明する。つまり、シュンツ(順番に並んだメンツ)がない上りの時トイトイと言う。
F三あんこう:じぶんの牌だけで、コーツ(同じ牌3枚)作ったものをあんこうと言い、これを3つ作ったら3あんこうである。ただし、ポンをしている手にカンをして3枚にしたり、あんこうを、みんカン(泣きカン)すると、あんこうではなくなる。
あんこうが、2つあり、同じ牌2枚のものが2つあって、そのどちらかが来た場合上がりの時、つもったら、もうひとつもあんこうで、さんあんこうだが、ロンした場合は、最後のコーツは、自分の牌ではなく、他人の牌が入っているので、みんこうになり、さんあんこうは付かない。
G(泣き)混一(ホンイツ):字牌と一種類の数牌、たとえば、ソウズならソウズだけで作った手で、面前の場合をメンホンとかタテホンと呼びサラシで2ハン、面前で3ハンである。
H泣き純チャン:純チャンをサラシたもの。3ハン役で説明
I小三元の役牌の役を数えない場合2ハンであるが、役牌2つかならず、付くので、小三元は4ハンのところで説明する。
J七対子(チートイツ):ニコニコ、チリコ、チリチリなどともよばれているが、2枚を7つ作ったあがりで、4枚使いは出来ない。なお、この役に限って、切り上げなしの25符と決まっていて、25符は、1ハン下がりの50符と同じ点数である。

ちまた役(公式な役ではないが、世間で広まっている役)
@三連こう:数牌の同じ種類のコーツ(同じ牌3枚のメンツ)が、3つ続けてそろった時。カンツを含んでも良い。たとえば、ソウズの2を3枚手の内であんこうとしてもっており、ソウズの3・4をポンした場合など。ぜんぶポンをしてもかまわない。
2ハン役である。
A三風(さんぷう):東、南、西、北、の内、3つをコーツ(同じ牌3枚のメンツ)にした時。カンツを含んでも良い。
Bオープンリーチ
一番最初にリーチをかけるものだけの特権で、オープンリーチと宣言してリーチをかけ、手を公開するもの。ただし、場所によっては、一番最初でなくてもよいところもある。この為、間違いがない限り、他人が、当たり牌をすてることはなく、つもだけに、かけることになる。オープンリーチを採用しているところは、少ない。
C一色三順:これは、あまり知られていない役であるが、同じ種類の同じ並びのものが3つあると言う役で、面前の場合使い方を変えれば、三連こう、三あんこうの両方が付き、問題は、どちらで、使った方が、点が、高くなるかと言うことである。たとえば、ピンズの2・3・4のメンツが3つあると考えた方が良いか、2・2・2と3・3・3と4・4・4のメンツがあると考えた方が得かと言うことである。
しかし、この役自体あまり知られておらず、三連こうの方が、知名度が高い。


[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!