[携帯モード] [URL送信]

To Tida…


私の胸の中で

子猫の様に眠る君


愛おしくて 愛おしくて



今 君は

どんな夢をみているのだろう?



君の息を 君の鼓動を

素肌に感じる程

近くにいて


君の指も 君の髪も

素肌に絡み付く程

抱きしめ合っても



それは

朝日と共に消えてしまう

私の夢物語


夜が明けるまでは

ヒロインでいさせてね



もうすぐ

幕が下りる



[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!