[携帯モード] [URL送信]
ほのぼの
裏というか、超微裏です





「ガイ、そろそろ起きて下さい」
「…ん、ぅ…」

先程から同じように言葉を掛けては、起こしている。
そうしてはまた1つ、寝返りを打った。

(珍しいぐらいに今日は起きませんね…)

昨日そんなに無理をさせた記憶は無いのですがねぇ、なんて冗談はさて起き。
そろそろ本気で起きて貰わなければ仲間に迷惑をかけてしまう。
そっ…とガイの枕元に近付いた。

「いい加減、起きなさい」

強めに言葉を言ってみたものの、返事すら返ってくる気配がない。
当の本人は気持ち良さそうな表情をしながら寝息を立て続ける。

(これは困りましたねぇ〜)

驚くぐらいに、起きてこない。
そうなると心の中の好奇心が躍り出てきてしまうもので。
ツツツ…と人差し指で露になっているガイの鎖骨付近をなぞる。

「はぁ、んっ…」

それがもどかしかったのか、反対方向に寝返りをして背中を向けられてしまった。
だがガイは目を覚まそうとしない。

(なかなか面白い反応をしてくれるじゃないですかっ…)

そのままたっぷりといたぶってあげたかったものの、時間を考えるとそんな余裕が無いみたいなので最後の手段に出る。

(本当は乳首とかアソコをまさぐってあげたかったのですが、ね)

仕方がありません、と上に向けられたガイの耳たぶをペロリと舐めて甘噛みをした。
そして耳の中まで音を立てて舐めていく。
途中ガイの小さな呻き声が聞こえたが、完全には起きないようなので今度は直に唇を塞いだ。

(恋人の愛撫でさっさと起きない罰、ですよ)

もちろんソフトなものでなくディープな、甘ったるいキス。
少し首を振られたがお構い無しに手で固定した。
互いの唾液が混じり合い、溢れ落ち始めた。

「…っ、ん、ぅむっ…?!」

(起きたみたいですねぇ…けど、遅いですよ)

ガイは頭が混乱しているのか大きな抵抗は見せなかった。
大方、夢と現実の区別が付いていない、ところだろう。
唇から舌を出せば銀色の糸が橋を架けた。

「おはようございます〜」
「…ッ、朝っぱらから何、してんだよオッサン」

ガイは溢れ落ちた2人の唾液を手の甲で拭った。
それも少し、頬を赤らめて恥ずかしそうに。

「おや、心外ですねぇ。恋人のキスで起こされて満足でしょう?」
「起こし方が、問題だ…」





END.
UNDER.あとがき
09/09/24

◆あとがき◆
え、これで終わり?ってブチ切り感がありますが、ここで終わりです。
ほのぼの…なんですかねぇコレ(聞くな
何故すぐ起きないのか、ガイ様。
前にPGでガイ様華麗に寝ていたネタをやったので今度はJGで。
もっと起きた後2人を絡ませた方が良かったですかね(汗
そしてSSと言いつつ、毎回長ったらしくなってしまいます。
もっと簡潔な文が書きたい、です。

最後まで呼んで下さった方、いましたらありがとうございました!

村瀬りんく

[戻る]


無料HPエムペ!