[携帯モード] [URL送信]
10'ハロウィン


「…何を、なされているのですか」
「ああ、これか?」

諸聖人の祝日。
秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う前夜祭。
その収穫を意味するかのように、テーブルの上には中身をくり貫かれた大きなカボチャたち。
それぞれとても特徴的な表情をしている。
ところどかろにキャンドルまで、その光を灯しながら揺れていた。

「何か宗教的なことを始めるのかと思いましたが…」
「どうしたらそういうことになるんだ。ここにちゃんと書いてあるだろ?」

指差す飾られた黒い紙の上には、綺麗に切り取られた文字が並ぶ。
オレンジ色で「Happy Halloween!」と書かれていた。

「…はっぴー、はろ…うぃん…?」

文字を読む、片言なヴァンに少し苦笑した。
不屈な顔をしてこちらを見据えてきたので、「悪い悪い」と謝罪すると反撃の如くの言葉が返ってくる。

「ああ、思い出しました。確かガイラルディア様がこーんな小さな頃に、このカボチャを見て泣き止まなかったお祭りですよね」
「お前、人の嫌なことは覚えてるんだな…」

手の高さでどのくらい小さい頃だったのか、身長を表していた。
それに対しそっぽを向くと、何か考え込むようにヴァンは腕を組む。
ついにはいらない回答をペラペラと喋りだした。

「その日の夜に貴公はおしっこが一人で行けない、と私にすがってきた」
「は、はぁ!?本当か、それ!」
「勿論。更に詳しく説明すると我慢出来ずに廊下でお漏らしを…」
「うわぁあああ!!言うなっ、それ以上言うなーー!」

口封じ、とばかりに止まってくれそうにないヴァンの口へクッキーを突っ込んだ。
一瞬、驚きの表情を見せたが突っ込まれたクッキーにヴァンは舌鼓を打つ。

「上手に焼けている…」
「それはどーもっ」

誉められたとしても多少の棘を含ませた。
そんな誉め言葉じゃ機嫌なんて直してやらないぞ、と。
もっと、もっともっと俺に対して悩んで、後悔して苦しめ。

「ところで、」
「…何だよ」
「仮装…というか、私にコスプレ姿は見せてはくれぬのか」
「いっぺん死んでこい」




Happy Halloween?

end.
2010/10/31

おしっこの子ガイを、ただやりたかっただけなのです!
「お漏らししちゃった、どうしよぉ…ヴァン…」の子ガイの上目遣いは相当可愛かったに違いない^^(はぁはぁ
まぁ、久しぶりにシリアスなVGじゃなく書けたので個人的には満足です。

まぁ、設定的には現パロでいけるんじゃないか、と思いましたが長くなりそうなので止めました。
だから最初のガイの言葉は「おかえり、ヴァン」だったんですけどね!(笑
何だよこれ…旦那を待つただの若妻(?)じゃないか、ガイ…。
何はともあれツンなガイでしたが、きっとこの後はデレになって2人で一夜を過ごしたんじゃないか、という妄想で終わります。
形にしたらグダグダになって終わりそうで怖いから…!←



[戻る]


無料HPエムペ!