[携帯モード] [URL送信]

ペットボトル事件




花粉症事件



「…くしっ!」

皆様こんにちは。柚希です。
冒頭からのくしゃみごめんね。俺軽く花粉症なんだ。

「何、お前風邪?クソ迷惑〜学校くんなよ。うつるじゃん」

なんだか楽しげな口調で俺にこう言った、こいつは三城。俺は思わず肩を強ばらせる。

元々大嫌いなやつではあったが、とある事件が起こった日からそれに更に「気持ち悪い」という要素が加わった。

あの日から、俺は今までとは違った意味でこいつを警戒していたが、相変わらず三城は俺をパシりに使ったり、イヤミを吐いたり、ねちっこい嫌がらせをしてきたり…
まあ、あまり変わらず。ただのいじめっ子三城のままだ。
願わくば、卒業までそのままで居てください。変なアクション起こさないでね。

もう構わないでくれたら一番良いんだけど…早く飽きてくれないかな。

そんなこんなで、いつも通りに授業を終え、さあ帰ろう。と思った矢先、ポケットの中の携帯が震える。電話…母親からだ。


「もしもし」
『おにーちゃん!』
「和希?」

電話越しに可愛らしい声が聞こえ、思わず頬が緩む。和希はもうすぐ5歳になる弟。母親の携帯を借りて電話してきたらしい。

『あのね、きょう、ぼくご飯つくるの手伝ったんだよ』
「おお、すげえな。なに?」
『ハンバーグ!ぼくが丸くしたの。早く帰ってきて?』
「超楽しみだわ。今帰るからな」

うあー…癒される。
年が離れてるだけあって、俺は弟が可愛くて仕方無い。多分ブラコンなんだと思う。あいつは天使だ。

『うん、おにーちゃん大好き!』
「ははっ、俺も大好きだよ。じゃあな」

電話を切って一息吐いたとき。ふと背後から強い視線を感じた俺は恐る恐る振り向いた。

そこには…

「うわ!?」

出たあああ!!

なにこのホラー展開。

三城が至近距離に立っていました。ビビりすぎて心臓が止まるかと思いました。

「ちょっと…今の電話なんなの」

しかも三城のやつ、すげえ不機嫌じゃん。めんどくせー…早く帰りたいのに。

「三城…くんには関係ないよ」

「まじうぜえ。電話しながらバカみたいにニヤニヤしてさあ、気持ちわりいんだよてめえ。視界に入るな。なにが“オレも大好きだよ”だ。ネクラのくせに一丁前に彼女でも居るわけ?調子扱いてんじゃねえよ!」




え……。

言い過ぎじゃね!?
しかも何か勘違いしてるし!
酷すぎだし、理不尽過ぎるし!

ドン引き。こいつ…頭が残念なんだな。

なんか、反論する気力も失せた俺と三城は、しばらく無言で見つめ合っていた。



…あ、やばい。

ちょ、クラスメイトA(名前知らん)窓開けるな。
花粉が入ってくるだろ…うわ…むずむずしてきた…目が、目がかゆい…


ぽろり。
思わず俺の目から、涙が零れ落ちた。
全く、これだから花粉症は…

そんな俺を見た瞬間、三城が急にうろたえ出した。

「ゆっ…(柚希!?どうしよう、流石に言い過ぎたかな?俺のバカバカ!カス!泣かせちゃった。泣き顔可愛いけど!勃ちそう。じゃなくて…どどどうしよう、嫌われたらどうしよう)?!」
「は?」

ゆっ…って何?

あーもう。わけわかんねえしめんどいし目痒い。
こんなやつに構ってらんねえな。

早く帰って薬飲も。
そんでもって和希のハンバーグ食う。

俺は目元を制服の袖で拭って、足早に教室を後にした。





三城はそのまま1時間くらいうなだれていた。




End.

[*前へ][次へ#]
[戻る]


無料HPエムペ!