[携帯モード] [URL送信]



 あぁあ……ツイていない。
 今日は休日だから、兄弟達とのんびり過ごす予定だったのに…。


 大好きな兄達や弟と妹の顔を思い浮かべながら、私の気持ちとは裏腹に清々しいほどの青空の下を、不機嫌さを隠しもせずに歩いていく。




「まったく……私1人にベースを探させるとは、本当にいい度胸をしているな…彼奴等」




 結局、メンバー全員と連絡を取ったらその全員が口を揃えて、『リーダーよろしく』などと言ってきおった。

 他人任せか…。

 そう溜息を吐くも、今のメンバーも私が見つけ勧誘したり、他のバンドから引き抜いてきたりしていて、ベースも自分がいいと思った人物でなければ納得できないのだから、まぁいいか。
 なんて思う反面。




(面倒だ…)




 そう思ってしまうのは、性格の問題。

 第一、勧誘し引き抜いてくること自体大変だし、いいベーシストを見つけてくるのだって難しい。
 多少なりとも面倒な気分にもなるさ…。


 半ば自棄を起こし、「ギターを見つけてベースをやって貰うか」なんて上の空で考えていた時、何気なく見遣ったショーウインドウに自分の姿を見つけた。


 あの3人が騒いでいただけあってか、自分でも今の髪色は不思議としっくりきている気がした。
 これであとは、瞳の色を変えてみたらもっとしっくるくるだろうか。
 なんて、微笑が零れる。



 だのに、足りないと感じる、何か。




(……なにか…)




 銀糸に触れて、あの違和感を再認識。




(…なにか)




 きっとこれはただの気の所為だと笑い飛ばしてしまうには、自分自身が納得いかなくて。






(――――……だれ、か…)






 足りない。










『――……ーリ、』










 刹那、弾かれたように背後を振り返れば、そこは柔らかい陽射しに包まれた長閑な公園で。



 考えるよりも先に、足が勝手にそこへ向かっていた。


.

[*前へ][次へ#]

3/5ページ


無料HPエムペ!