[携帯モード] [URL送信]



 そんな騒がしい日に見た夢は、何処か不思議で、少し物悲しいものだった。





 私は誰かに手を引かれたまま、見知らぬ、古びた城の中を歩いていた。
 そこは薄暗く、厭に静かで……けれど、不思議と恐怖感はなくて。




(…だれだ……?)




 顔の見えない相手は、軽い足取りで私を何処かへと誘う。


 その雰囲気は、口許は、嬉しそう。




『――……リ…』




 握られた手が、じんわりと温かい。







『今日は、何をしようか』







 ふわりと優しく微笑んだ顔が、酷く、胸を貫き、







「―――……」







 私は静かに、夢から目覚めた。


 暫くは茫然と、無意味に投げ出されていた右手をただ眺めていて…、

 だけれど、ふと、




『足りない…』




 そう思ってしまった。




 夢の内容なんて覚えてなどいない。
 夢を見たのかすらも覚えてはいない。

 そんな、寝惚けているようないないような、曖昧な思考回路。
 意味不明なことを考えてしまうのも不思議ではない。


 そう…寝惚けているんだ。


 自分にそう言い聞かせ、鏡の中の自分を見詰め、
 だけど確実に感じる違和感。




「……何故だろう…」




 銀の髪に触れ、
 その感覚は違う、なんて思ったりして。




「…何故………足りない…?」




 訳も解らず泣き出しそうになってしまう自分が嫌で、私は洗面台に溜めた水の中へ顔を伏せた。



 いったい何が足りないというのだろう。

 いったい何が違うというのだろう。


 解らない想いが蠢いて、苛立たしさが募るばかり。

 もう考えたくない。
 だが、確かな違和感に気付いてしまったら、今までの自分が何をしてきたのかも判らなくなってしまうほど、それは私の中で何かを壊し始めていて…。






 〜〜♪♪






 そんな時、ポケットに入れておいた携帯が突然着信を告げてきた。

 僅かに焦りながらそれを操作すれば、バンドメンバーからメールが一通届いていて。


 その内容は。




『やっぱギターやりたい!てことで、代わりのベース探しといて、リーダーvV』


「…は、ぁあ?!!」




 さっきまでの沈んでいた自分はいったい何処へやら。


 怒り心頭のままに、メールを送ってきた其奴に電話を掛ければ、相手はへらりとした声で「ギターやりてぇし」と繰り返すだけ。
 終いには「よろしくね」なんて語尾にハートでも付けたような調子で通話を切りやがった。



 この野郎……!



 私は暫くの間、一方的に会話を終えた、今は無言の携帯を見下ろし。




「出掛けてきます…!!」




 携帯に八つ当たりをしなかった自分を褒めてやりたい気分だった…。


.

[*前へ][次へ#]

2/5ページ


無料HPエムペ!