[携帯モード] [URL送信]



 それは、偶然だったのか………それとも必然だったのか。







『また、君と出逢えたら…』







 それを知る術なんて、私にはないけれど、







『また一緒に、音を奏でよう』







 後者だったら……と、柄にもなく思ってしまう。







『そしてまた…君の1番近くで、君の音に触れさせて…?』







 なぁ、お前は……



 どう思う?












デジャヴ 〜deja vu〜












 毎日を何となしに、ただ生きている。

 そんな言葉が自分にピッタリだと思ったのはいつからだろうか。



 それはきっと、『何かが足りない…』なんて、夢から覚めた時唐突に思った、あの日から。







「ユーリ!今日のライブも最高だったよー☆」

「お疲れ、ユーリ」

「タイマー、アイス。今日も来てくれていたのか…有り難う」

「当たり前じゃないかー。親友のライブだよ?」

「ぁ、これ差し入れね。打ち上げにでも飲んでよ」




 ライブを終え、控え室へ戻ろうとしたその途中の廊下で見掛けたのは顔見知りの2人組。
 タイマーとアイスだった。

 同じ大学に通う彼等とは腐れ縁で、実は小学校から一緒。

 私は最近この2人の誘いもあってバンドの真似事を始めてみたのだが、私がリーダーを務めるこのバンドは、今では毎度ライブハウスを満員にさせるほどとなった。
 この2人だって、ここ地元では結構な人気だ。




「新作も、V系〜って感じでカッコ良かったよ♪」

「あと、新しく入ったドラムスがパワフルでよかったよ」

「あぁ、アッシュか。私が引き抜いてきた奴だからな。当たり前だろう」

「なんか、V系には珍しいワイルド系で、露出狂っぷりがサイコーだね★」

「いいだろ、あの露出狂っぷり。そこが売りだからな」




 タイマーと2人で笑い、アイスが隣で苦笑していると、彼は咄嗟にその表情を変えた。
 それと同時に、私は突然背後から頭を小突かれた。

 それでも、つい笑みを隠せないまま振り返れば、そこには案の定、苦そうな顔をしたアッシュが立っていて。




「…露出狂は酷いんじゃねぇっスか…?」

「好感触らしいのだからいいだろう?そういえば、ファンの1人がさっき『いつズボンが脱げてしまうか心配でした…』と言っていたぞ」




 マジっスか…と、ショックを受けるアッシュを見て、タイマーとアイスが腹を抱えて笑っている。

 そんな光景を眺め、私も自然と笑みを浮かべるも、
 その光景に何処か感じる違和感。




(…疲れているのだろうか)




 考えを紛らわすように軽く頭を振っていると、
 不意にアイスの手が私の髪に触れた。




「なんか……ユーリって金髪もいいけど、他の色も似合いそうだよね」

「あー、確かにー」




 この前、気分で金に脱色させた髪を弄り、そうだろうか…と呟く。

 少し傷んでしまった髪に眉根を寄せていれば、タイマーがふと手を打った。




「ねぇ、銀に染めてみない?」




 1人首を傾げる一方で、他の2人は笑顔で頷いている。




「ユーリって美人で、でもちょっと陰がある感じだから、派手な金より銀の方が儚い感じでいいと思うよ」

「確かにそうっスね!」

「……だが、これ以上髪が傷むのは…」

「ダイジョーブ!僕、そこいらの美容師より染めるのうまいんだから!」




 それに、ケアすれば平気だよ。
 なんて笑う彼に気圧され、私は無意識のうちに頷いていて。

 そしてその日、ライブ直後に私は半ば強引に髪色を変えられてしまった…。



 なんて酷い。


.

[次へ#]

1/5ページ


無料HPエムペ!