[携帯モード] [URL送信]

龍と花
夜道は一人で歩かない方がいい

「やば・・・」

結構土砂降りじゃないですか・・・足とかもうびちゃびちゃ
ザァザァと雨の降る音。それと一緒に、前からバシャバシャという音がした

・・・・?なんだろ、明るくないから車じゃないと思うんだけど・・・

しばらくすると、人が走ってくるのが見えた
いつもなら普通にす れ違うだけ。でも、今回は違った、走ってくる男が持っていたのは

「ぇ・・・ナイフ?」

ウソだろ?!
何かから逃げているっぽい男に巻き込まれる前に、隠れようと思い方向転換するが、時すでに遅し。ナイフを持った男が、俺に向かって走ってきた

「ぅ・・・わ」

俺は、来た道を逆戻りした

「待て!」
「ヒィッ」

待てと言われて待つバカが、どこにいるんですか!!
ナイフもってるし、俺殺されちゃうじゃん!

「はっ、は・・・ぅワッ!?」

路地に逃げ込んだ所で、グッと腕を掴まれる。まさか・・・とは思ったけど、ゆっくりと後ろを振り返ると

「―――――っ」

やはりそこに居たのはさっきの男だった

「なっ!ななななな」
「おい、静かにしろ 」

目の前まで男の顔が迫る、刺されないのだろうか・・・?と思っていると、男がフッと笑った

「お前可愛い顔してるな」

キモイこと言わないで下さい

[*過去][未来#]

2/7ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!