[携帯モード] [URL送信]

龍と花
五十嵐組散策1

白木さんたちが出て行ってから暫くボーっとしていたが・・・ハッキリ言って暇だ!
ってか、俺今日の夜バイト入ってるんだけど・・・大丈夫かな?

とりあえず何もやることが無いので、部屋から出てみることにした
まぁ、出るな、とは言われて無いし・・・少しだけなら、ね
部屋を出ると、そこには長い廊下があり、そこから庭も見えた

「うわぁ、綺麗」

木や花がしっかりと手入れされていて、敷いてある砂利は、枯山水になっていた

「凄い、誰が手入れしてるんだろ」
「林さんですよ」
「?!」

独り言を言っていたはずなのに、返事が返ってきた
慌てて振り返ると、薄い着物を羽織るだけで上半身裸の美人さんが立っていた
顔だけ見ると女性みたいだ

「こんにちは」
「ぁ・・・こ、こんにちは」

ニコリと挨拶をされ、俺も慌てて頭を下げる

「ふふ、私は、白・・・五十嵐 光(いがらしひかる)と申します。光とお呼びください」
「ぇと、日向楓です。・・・あの、どうして裸で
・・・?」

俺がそう聞くと、光さんはあぁ、と言って微笑んだ

「今は服、着れないんです」
「?どうしてですか?」

光さんは微笑むだけで、その質問には答えなかった


[*過去][未来#]

19/39ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!