[携帯モード] [URL送信]

龍と花
俺の救世主

「ぅぁ・・・」

もうダメだ、この人を前にすると俺が俺で無くなってしまう気がする・・・

「なぁ、楓」
「・・・っ」
「良かったよなぁ・・・?」

耳元で再び囁かれ、ゾクリと肌が泡立つ

「〜〜〜っ、はい」

我慢出来なくなって、つい本音を呟いてしまった
恥ずかしくなって目を逸らす。
チラリと龍也の方を見ると、バチリと目が合ってしまった・・・
再び近づいてきた龍也の唇が 、俺の唇と触れる・・・という所で、勢いよく襖が開いた

「―――若っ!!」
「?!」
「・・・チッ、なんだ」

舌打ちをして、入口を睨みつける龍也
俺は、キスを免れたことに安堵しながら、その救世主様の顔を覗き見ると
そこに居たのは、走って来たのか息を切らしている堂本さんだった

「失礼します・・・実は・・・」
「・・・・・・・・分かった、白木を呼べ。楓につける」
「ハッ」

堂本さんは何かを龍也に耳打ちすると、すぐにどこかに行ってしまった
何事かと呆けていると、頭に大きな手が置かれた

「はぁ・・・悪いな、楓。今から少し出てくる。もう少ししたら人が来るから、何かあったらそいつに聞くといい」

そう言って俺の頭を撫でた


[*過去][未来#]

9/39ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!