[携帯モード] [URL送信]

龍と花
大人の味

「なぁ、楓」
「はい?」
「俺のモノになれ」
「・・・それは?」
「・・・こういうことだ」
「ぇ・・・ンムッ?!」

ニヤリと笑った龍也の顔が俺の視界を覆った
口にぬるりとしたものが入って来て、やっとキスをされているのだと気付いた
・・・しかも、ディープな方・・・

俺が龍也を押し返そうと腕を突っぱねるのもお構いなしに、龍也はそれを俺の舌に絡めてくる

「ん・・・っ、はん・・・はぁ」

体が熱い・・・溶けてしまいそうだ・・・
龍也とのキスはほんのりとタバコの苦味がした

「んぁ・・・んんっ・・・んーー、はぁっ」

息苦しくなって龍也の胸をドンドンと叩いたら、やっと解放してくれた

「どうだ?」

龍也が俺の顔 を覗き込んでくる
俺はフラフラと視線を泳がせる、龍也と目を合わせられない・・・
だって、だってさ、あんなにディ、ディープなの初めてしたんだもん!

「気持ち、良かっただろ?」

俺の唇を親指で撫でながら、龍也はクツリと笑う
・・・感想なんて求めないでください


[*過去][未来#]

8/39ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!