[携帯モード] [URL送信]

Leaf's notebook/書きかけ微BLファンタジー小説
[簡易SS]風の中を駆ける(3)
.

ある日のこと

ラッカ「シュナ。今度俺の神獣に乗せてやろうか?」

シュナ「え……いいの?」

ラッカ「ああ」

快活に笑うラッカ

……

神獣に乗せてもらう約束の日が来た

神獣「ブルルルッ」

シュナ「(これが神獣……)」

ラッカ「ほら。手、出せ」

シュナに手を差し伸べるラッカ

ラッカの手を借りて神獣の背に乗るシュナ

シュナ「(神獣って、鞍とか付けないんだな……。
 気を付けないと振り落とされちゃうかも)」

そんな心配をしていると、シュナの考えを読んだように笑うラッカ

ラッカ「落ちないようにしっかり掴まってろよ」

シュナ「うん」

.

[*前へ][次へ#]

7/9ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!