[携帯モード] [URL送信]

Leaf's notebook/書きかけ微BLファンタジー小説
[簡易SS]回想・幼いシュナと教育係(じい)の会話
.

シュナ「じい。ぼく、テュリー城に行ったときにサンディアの人たちのショウゾウガを見たよ」

じい「おやおや。若様はあのときまだ三歳でしたが……覚えておいでですか」

シュナ「うん」

こくりと頷くシュナ

シュナ「サンディアの人たちは、ショウゾウガで動物や鳥といっしょにかいてあった」

じい「ああ。あれは神獣というものです」

シュナ「シンジュウ?」

聞いたことのない言葉に首を傾げるシュナ

じい「さよう。神獣は大きな力を持った生き物で、
 サンディアの王家であるフリーム家の人にだけその力を貸しているのです」

.

[*前へ][次へ#]

8/9ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!