[携帯モード] [URL送信]
Trap[オスカー(アンジェ)]
アンジェリークのオスカー夢。
小悪魔ヒロイン。
オスカー、ちょろいかも……閲覧注意。





今日はオスカー様との楽しいデート、の筈なのに。


「オスカー様、今日はうちに寄ってくれないの〜?」

「すまないな、お嬢ちゃん。今日は遠慮しとくよ。」


オスカー様は自他ともに認めるフェミニスト。

それはわかっていたけれど……。


「あら〜、オスカー様じゃない。」


また、だ。

これで何度目かわからなくなる程、デートは中断されまくっている。

ライラは肩をフルフルと震わせた。


(……いくらなんでも限度ってものがあるわ!)


こうなったら私だって負けられない。

一歩、二歩、と徐々に後退りオスカーから離れる。

オスカーからある程度、距離が開くとライラはすっと瞳を閉じた後、微笑みを浮かべた。

オスカーではなく見知らぬ男性に向けて、だ。

すると、男性は思惑通りライラに近いて来る。


「彼女、暇してるの? オレとお茶しない?」


見事に引っ掛かってくれた、内心で思いながら態度は戸惑っているように装う。


「え? わ、私ですか?
えっと、どうしよう……。」


片手を顎にあて潤んだ瞳で上目遣いに困ってるように答える。

それを見ていた違う男性が、これまた見事に引っ掛かってくれる。


「おい、困ってるじゃないか!
君、大丈夫かい?」

「あっ、はい。ごめんなさい……ちょっと驚いてしまっただけなんです。」


力無く微笑んでみせる。

こうなればもう男達はライラの掌の上。


「ん? …お嬢ちゃん……?」


女性と話していたオスカーがやっとでライラが側にいない事に気付く。

視線をさ迷わせたオスカーの目に入ったのは、数人の男性に囲まれたライラの姿だった。


「っ! お嬢ちゃん!!」


驚愕したオスカーがライラの元へ駆け寄る。

ライラの腕を引き寄せ、庇うように自分の腕の中で包む。


「悪いが、このお嬢ちゃんは俺が先約済だ。」


鋭い視線に、いつもより低く感情のない声。


「オ、オレらは別に彼女に何かしてた訳じゃ……。」


男達はたじろぎながらも、反論する。


「ならば何故、お嬢ちゃんは震えているんだ?」


男達に睨みをきかせるオスカーにライラが口を挟んだ。


「あの…オスカー様……私は大丈夫ですから。」


自分を見つめ微笑んでみせるライラにオスカーは安堵して男達を掃う。


「大丈夫か? お嬢ちゃん。」

「…は…い……。」

「おっと。無理するんじゃない。」


足元をふらつかせるライラをオスカーはひょいっと横抱きに抱えた。


「オスカー様!?
あ…あの、大丈夫ですから……。」


驚き狼狽えるライラに微笑みだけを向けて、無言でオスカーが歩き始める。

その様子にライラは黙って大人しく抱えられたままでいた。

ライラの自室まで来た所で、オスカーはライラを開放しゆっくりと降ろす。


「……悪かった、ライラ。」

「え…?」


小さな声で呟かれた言葉にライラは瞳を瞬かせてオスカーを見る。


「お嬢ちゃんが俺の側にいるのが当たり前になっていて…気付かなかった……。」


オスカーはとても苦しそうな瞳でライラを見つめる。

柔らかな白い頬にそっと触れ、髪を撫で抱きしめる。


「もう俺は君なしでは生きていけないようだ。」


ぎゅっとライラを一層強く抱きしめる。


「…オスカー様……。」


ライラが白く細い手をオスカーの背にまわす。


「愛してる、俺の唯一の天使……ライラ。」


愛しそうにライラを見つめ、そのまま顔を近付ける。

ライラはそれに応えるようにそっと瞳を閉じた。




甘い甘い口づけ。



それは最後の媚薬。




「オスカー様……ずっと私だけを見つめてくださいね。」




ライラが少しずつ落とした甘美な毒。



それはフェミニストなオスカーを自分だけのものにする為の罠。



女の子はいつでも小悪魔になれるのよ?




「ああ、ずっと君だけを見つめてる。」



ほら、もう貴方は私だけのもの。



ずっと私の虜にしてあげる……。



小悪魔な私の作戦で、この甘美な毒で──。





初出2005.11.9.
再掲載2020.10.29.

戻る

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!