[携帯モード] [URL送信]
きみとLoveSong[王崎(コルダ)]
金色のコルダ、王崎信武の夢。
恋人未満の二人。すごく短いです。




ただ一人の為に弾きたいと思った。

ただ一人きみだけの為に。

こんな気持ちは初めてで。
どうしたら良いのかなんて、わからないけど。


きみといるのは凄く心地良いから。

この気持ちと向き合ってみようと思う。


きみに会って少しずつ、皆が変わっていったように。

おれもきみに会って変わっていく。


誰でもない、きみの隣にいられるように。


争いは好きじゃないけど。

絶対に負ける訳にはいかないから。













「こんにちは、レインさん。」


放課後になって一番にきみに声をかける。


「こんにちは、王崎先輩。」

「……?」


何だか少し違和感があるような?


「あっ、ごめんなさい! つい、火原先輩がこう呼んでたから……。」

「ああ、そうか。
いつもレインさんは『王崎さん』って呼んでたから、何となく違和感があったんだ。」

「すみません。」

「あ、いや、ごめん。怒ったんじゃないんだ。
きみがそう呼びたいなら、おれは構わないよ。」


火原先輩が、って所に若干ひっかかるけどね。


「ありがとうございます。じゃあ、これからは王崎先輩って呼ばせてもらいますね。」

「うん。学校ではそっちの方が合ってるしね。」

「あはは、確かにそうかも。」


楽しそうに笑うきみが凄く可愛い。


「それより呼び方がうつった感じみたいだけど、火原くんとおれの話でもしてた?」


さりげなく、気になってる事を聞いてみる。

本当は火原くんと話してたって事実が気になるだけだけど。


「あっはい。去年のコンクールの話をしてたんですよ。
菜美…、天羽さんが写真を見せてくれたんです。」


天羽さんの名が出た事に二人きりじゃなかったんだと安堵する。


「じゃあ、天羽さんと火原くんと三人で話してたんだ?」

「はい。天羽さんって凄く情報通なんですよ!
参加者の私より詳しいみたいなんです。」

「はは、そうなんだ。確かに天羽さんは取材に凄いよね。」


こうして、きみと話すのはとても楽しくて自然と笑顔になる。

特に二人きりで話してる時間は特別になる。


「あっ、そうだ! 王崎先輩。」

「ん、何かな?」

「1つ、お願いしてもいいですか?」

「うん、どんな事かな?」

「その、一緒に合奏してくれたらな〜って……。」


きみの願いなら、どんな事だって叶えてあげたい。

きっと、どんな我が儘だってきいてしまう。

でも、きみがするのはいつも可愛いお願いだね。


「もちろん。おれからお願いしたいくらいだよ。」

「本当ですか!? 良かった。
じゃあ、何を合わせましょうか?」


喜ぶきみにおれも嬉しくなる。


「そうだね。今日は彩華系の曲にしようか。」

「はい!」


準備して頷くと、二つの弦の音が重なりあっていく。

それは一人では決して出せない音。

きみが奏でる旋律が、おれの耳に心地良く響く。

おれが奏でる旋律は、きみにはどんな風に聴こえるのかな?

きみの奏でる音なら、一日中聴いていたって飽きない。

きみが望むなら、一日中だって弾いてあげる。




ねえ、だから……どうか他の人には惹かれないで。



おれが奏でるLoveSongは、きみだけのものだから。

どうか、他の人にはきみのLoveSongは聴かせないで。



我が儘だって、わかってるけど。

願わずにはいられないから。




曲が終わりに近付いていく。

少し寂しい瞬間でもある。

弓が弦から外れ、暫しの余韻。

パアッと明るい表情のきみと瞳が合う。


「何だか今日は凄く気持ち良く弾けました!」


きみが嬉しそうな笑顔はおれに幸せをくれる。


「うん、おれもだよ。」

「本当ですか? 嬉しいです。」

「ライちゃんの音は、凄く心地いいから合わせやすいよ。」

「え…?」

「あっ!」


しまった。嬉しくて、つい愛称で呼んでしまうなんて。


「ご、ごめん。嫌だったよね、こう呼ばれるの……。」


慌てて謝るときみは首を横に振る。


「…いえ、嫌じゃありませんよ。」


優しいきみ、少しだけ甘えても良いかな?


「ありがとう。
良かったら、これからもライちゃんって呼んでいいかな?」

「はい、もちろんです。」


微笑んで頷いてくれるきみ。

思いがけず名前で呼べて嬉しい。


「あの、王崎先輩……。」

「うん、どうかした? ライちゃん。」

「あの、さっき私の音が心地良いって言ってくれましたよね?」

「あ、うん。ライちゃんの音、好きだよ。」


上目遣いに聞いてくる可愛いきみに今度はおれが頷いてみせる。


「華やかなのに澄んでいて、とても心地良い。まるできみそのものだね。」


話してるとみるみるライちゃんの顔が赤くなっていく。

もしかして、変な事言ったかな?


「あ、ありがとうございます。凄く嬉しいです。
私も……王崎先輩の音が大好きだから。」


大好き、の言葉に反応してしまう。


「嬉しいな、ありがとう。
でも、ちょっと照れるね。」

「ふふ、そうですね。」

「ね、ライちゃん。
もう一度、何か合わせようか?」

「はい、ぜひ!」


きみはいつも素敵な笑顔をおれに向けてくれる。

それだけで、おれはいつも幸せな気持ちになれるから。




このコンクールが終わったら。


きみに伝えてみようか?


今のこの気持ちを……きみに惹かれている事を。



きみだけのLoveSongを奏でながら──。





初出2005.10.29.
再掲載2020.10.26.

戻る

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!