[携帯モード] [URL送信]
雪月花[鷺森空也(ヘヴン2)]
学園ヘヴン2、鷺森空也×ヒロイン。
ヒロインは尚央の婚約者だった。





初めての会った瞬間から惹かれてた。



懸命に頑張る姿が魅力的で力になりたいと思った。


不意に、遠くを見つめる寂しげな瞳が悲しくて…守りたいと思った。



君がオレだけを見ていなくても構わない。


君が近くにいてくれるなら贅沢は言わないさ。



君は世界中で唯一人、心から愛した人だから。


君は世界中で一番、幸せにしたい人だから。












君に好きだと伝えるべきか、ずっと迷ってた。

オレとしては好きな気持ちはすぐに伝えないけど。

君が最愛の人を喪失くしていると知っているから。

君の瞳が今も尚央理事長を探していると気付いたから。

だから、迷ってた。

けど、君の涙を拭ってあげたいと思ったから。

一番近くで守りたいと思ったから。

今から君に伝えようと思うんだ。


「突然すまない、こんな所に呼び出したりして。」

「いえ、大丈夫です。
それで、どうしたんですか? 何か問題でもありました?」


君は聡明だけど意外と鈍いから、生徒会の用事だと思っているのか。


「いや、オレ個人の用だ。」

「鷺森先輩の……?」


君は頑なにオレの名前をよんではくれないな。

やはり望みはかなり薄いんだろう。

君は……今でも尚央理事長が好きなんだな。

それでもオレは。


「君が好きだ。」

「………!」


驚いた顔、予想もしていなかったって顔だ。


「え、私…を?」

「そう君を、ライラちゃんを愛している。」

「あ……。」


ああ…、そんな悲しい顔をさせたい訳じゃないのに。


「ごめん、迷惑だよな。
わかってるんだ。でも、どうしても伝えたかった。」


困ったような、悲しいような表情が切ない。

それでも、嫌悪を示されなかっただけ良かった。


「…君が尚央理事長を想っている事はわかってる。
けど、そんな悲しい顔を見たくないんだ。」


自覚はあるんだろう、俯いた彼女に続ける。


「笑ってほしい、オレが君を幸せにしたい。
そう願うのは許されないだろうか?」


「…私は、尚央くんが忘れられない…忘れたくないんです。」


苦しい表情で、だけどハッキリと言う。

誠実な君らしいな、と思う。


「忘れなくても構わないさ。」

「え……?」


大きな瞳を瞬かせる君が可愛い。


「尚央理事長を忘れる必要なんてない。
オレは尚央理事長を好きな君ごと、好きだから。」

「…っ……。」


泣きそうな表情を和らげたくて、彼女の頬に手を伸ばした。


「この世にいないから忘れろなんて酷なこと、オレは言わない。」

「…………。」


拒否されなかった事に内心安堵しながら彼女を優しく撫でる。


「尚央理事長を想う一途な君も素敵だ。
だけど、後ろを向いたままではきっと彼も悲しい。」

「あ……。」


うん、オレよりも彼を理解している君ならすぐにわかるだろう。

彼は君が孤独でいる事なんて望みはしない。


「優しい尚央理事長の事だ。
きっと、君が幸せになるなら別の誰かを好きになっても許してくれる。」


寂しそうな、でもどこか納得したような彼女。


「君を幸せにする誰かがオレなら嬉しいと思う。」

「鷺森先輩……。」

「オレでは駄目、だろうか?」


オレを見つめる瞳。

少し躊躇いながら彼女は話し出す。


「私は…尚央くんが好き、絶対に忘れません。
それでも、良いんですか……?」

「もちろん。」


即答した。

数瞬、彼女が瞳を閉じる。

瞳を開けた先にはオレの顔。


「鷺森先輩の優しさに、真っ直ぐさに負けました。」

「じゃあ…。」

「鷺森先輩に惹かれていたのも事実です。」


いや、それは初耳だ。

そうなのか、良かった。


「オレは君に好かれてたんだな!」

「ま、まあ…そうなります、ね。」


恥ずかしそうに視線を逸らして返す彼女を思いきり抱きしめる。


「鷺森先輩!?」

「嬉しい! オレは今、すごく幸せだ!!」


叫びたいほど幸せだと告げると彼女が笑う。


「大好きだ、ライラ。」

「はい。多分、私も…。」


返す彼女の顔はまだぎこちないけど

大丈夫、少しずつ進んでいこう。


春には花見。
夏には月見。
秋には紅葉狩り。
冬には雪見。

雪月花を共に過ごそう。


君の笑顔をずっと守っていくと誓おう。


きっと、空の上から尚央理事長も見守ってくれてるから。





彼が天から祝福を贈ったように優しい風が二人を包んだ──。




初出2020.8.6.

戻る

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!