[携帯モード] [URL送信]

王者立海生の日常
ロッカーの手紙


「……………………」


仁王が、自身の下駄箱の前で立ち尽くす



手には何か紙を握りしめ、若干震えているようにも見えた




「あれー?仁王先輩どうかしましたー?」



丁度昇降口にやって来た
よもぎ、赤也、ブン太、ジャッカルが
仁王の様子に気付き近づいていく



「? 仁王先輩ー?」



もう一度名前を呼んで

ちょいちょい、と仁王の肩をつつくと、

漸く反応があった








が、



[次へ#]

1/47ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!